行きつけにしたい、アットホームなケーキ屋さん。手作り菓子工房Oeuf(うふ)

おしゃれな外観や明るい雰囲気のお店を見かけると、なんだかワクワクした気持ちになる。明るい店内に、優しい店員さんの明るい笑顔。幸せな時間を過ごせそうだ。
そんな予感のするお店が、住吉にあった。駅の大通り沿い、クリームイエローの壁が印象的なお菓子屋さん「手作り菓子工房 oeuf(うふ)」だ。その可愛らしい雰囲気と、ふんわりと漂うバニラの香りに惹かれて、店内へ。お店を経営している小川夫妻にお話を伺った。

家と会社の往復に、「ほっとひと息」を。

手作り菓子工房Oeufがオープンしたのは、15年前の2003年。
お店のある住吉という街について、「住吉は歴史の古さも残る、穏やかな町です。それでもここ数年は新しいマンションが建つのをたくさん見かけるようになりました。ファミリー層も増えて、人口も増えているんじゃないかな。」と小川さん。いちどオープンすると、長く続くお店も多いそうだ。

お店に入ってまず感じたのが、和やかな空気。お客さんがお店に入ってケーキを買って帰るまでの短いあいだでも、明るい笑顔と会話が印象的だった。このアットホームな雰囲気について「短いやりとりでも、楽しいほうが気持ち良いですから。たとえば家と会社の往復とか、そういった毎日のルーティンの外で、楽しくやりとりできる場になればいいなと思って。」と話す小川さん。常連のお客さんとはよく立ち話をするそうで、長いときは3,40分続くこともあるのだとか。

「いつか、いつか…」で、お婆ちゃんになっちゃうかもしれない、と思ったんです。

社員としてケーキ屋さんで働く傍ら、「お店をやってみたい」という考えをずっと抱いていたと話すのは、お店の経営も担っている小川京子さん。社員時代も、お店の経営や食材の仕入れ方・扱い方といった角度からお店を見ていたそうだ。

「もんもんとしているのが嫌でした。このまま考え続けて、気づいた頃にはもう時間がないかもしれないって。それならとりあえず動いてみようと、前職の社長さんに協力してもらいながら、まずは物件を見に行ってみることからはじめました。新しい挑戦には心配がつきものですが、誰かに相談してみるだけで、意外にすんなりと答えが返ってくることもある。だから、一人で悩むより少しでも行動してみることが大事だと、お店を持って実感しました。」と、夢を持つ人の背中を押す力強い言葉を聞くことができた。

季節や天気に惑わされないケーキを作りたい。

お店のこだわりは、外観のテーマにもなっている「たまご」だ。
お菓子づくりに欠かせないたまごには、強い甘みと濃厚な味が特長の栃木県産『御養卵』を厳選。また、ケーキづくりについては「通年通して、寒いときも暑いときも、おなじ状態のケーキを提供することを心がけています。」と話してくれた。その日の最高・最低気温や湿度を細かくチェックするのが日課なのだそう。「たとえば果物の仕入れなんかも、それをいつ使うかで、どんな状態の果物を選ぶかは都度違います。卵をあたためる温度も、その日の湿度を見て適宜調節しています。素材を大切に扱ってあげることで、いつもベストなケーキを出したいです。」
いつものケーキの、いつものおいしさにこそ、作り手の気遣いがこめられているのだろう。

いい意味の、「御用聞き」です。

手作り菓子工房Oeufの限定メニューやデコレーションケーキには、アイデアが溢れている。まずはお店のおすすめメニューでもある、第1日曜日、100個限定の「だちょうの卵プリン」。はじめは「食べられるの?」と驚いたお客さんも多かったのだとか。
「店を始めてすぐの頃、お店のコンセプトに合わせた大きな卵の殻のオブジェを探していたんです。そこでたまたまだちょうの卵を見つけて。どうせなら殻だけじゃなく、中身で何か作れないかと考えてプリンにしてみた…という経緯なんですが、おかげさまで長く続くおすすめメニューになりました」と小川さん。

またデコレーションケーキも、注文の多い人気メニューのひとつだ。
キャラクターやお気に入りのイラストを描いたケーキ、動物や身の周りのものを立体的に再現したケーキなど、その質の高さに驚く。
「特に大変だったのは、マグロ問屋のお客さん用の『マグロの形のケーキ』です。見た目にこだわりたいということだったので、試行錯誤してがんばりました(笑)」と笑う小川さん。
お願いされたことにはなんでもトライしてみるというスタンスが頼もしい。

今後は、地域に根付いてお店を長く続けていくとともに、いつか「カフェスペース」も併設できたら‥という新しい夢もあるのだとか。
「住吉にも、もっとゆっくりお茶ができるスペースを増やしたくて。ただケーキを買って帰るだけじゃなくて、お話をしながら楽しい時間を過ごせてもらえたらいいなと思います。」と語ってくれた。

手作り菓子工房Oeufは、外観からイメージした通りの、明るく可愛らしいお店。
いつか誰かに、「住吉でおすすめのお菓子屋さんは?」と聞かれる機会があったら、迷わず「うふ!」と教えてあげたい。

店舗情報

手作り菓子工房 opeuf
〒135-0002 東京都江東区住吉2-25-3
TEL: 03-3846-8837
営業時間:10:00~20:30(水曜定休)

近くのお店

Related

関連する記事
Real Estate Investment PAGE TOP